シアリスはウィークエンドピルと呼ばれることもあるED治療薬の一種です。これまでのED治療薬からの問題点を改善するために開発されたED治療薬であり、安全性が高いという特徴があります。有効成分はタダラフィルとなっており、作用については他のED治療薬と同じです。
ウィークエンドピルと呼ばれるシアリスは効果の持続時間がかなり長いとされています。最長で36時間も効果が持続すると言われており、他のED治療薬と違って食べ物の影響を受けないことも特徴です。なぜウィークエンドピルと呼ばれているのかということですが、週末に服用すると好きなタイミングで性行為に臨めるようになるためです。
効き目が出ている間は射精をしても勃起しやすくなりますし、勃起を持続しやすくなることもポイントです。そのため他のED治療薬から乗り換える人も多くなっています。性に関する悩みを持っているならこちらを試してみると良いでしょう。

シアリスとはどんなED治療薬?

シアリス

ウィークエンドピルと呼ばれているシアリスはどのようなED治療薬なのか知りたいという人もいるでしょう。シアリスは2003年にアメリカの会社で発売されたED治療薬であり、2007年には日本でも認可されました。
他のED治療薬の欠点などを考慮した薬であり、安全性の高い薬として注目を集めています。この薬は長い時間勃起状態が続き、少しずつ効果が出てくるという特徴があります。しかし、効果の持続時間が長くても薬の成分が強力というわけではありません。
ED治療薬に強い成分が配合されていると心臓への負担が大きくなってしまうこともあります。しかし、シアリスには強力な成分が配合されているわけではありませんし、自然に勃起することができるのです。
シアリスは効果が長時間続くけれど効き目はマイルドなので安心して服用することができるでしょう。顔が赤くなることなどもありませんし、安全なED治療薬を探している人におすすめです。また、自然な勃起を望んでいる人や軽度のEDの人なども効果を実感しやすいでしょう。

シアリスの作用と食事の影響について

シアリスは勃起不全の原因となる酵素へ働きかけることができます。勃起とは性器の海綿体に血液が集まることにより、性行為ができる状態になるということです。陰茎部分に性的刺激を与えることにより、陰茎海綿体の筋肉を弛緩させる物質が作られることになります。この物質によって筋肉の収縮が激しくなるのですが、それによって血管が大量の血液を送り出します。陰茎海綿体にたくさんの血液が流れることにより、十分な硬さが形成されることになります。
つまり性的刺激を受けて勃起するためには筋肉の収縮を活発にする必要があります。それによって普段はあまり機能しない血管が活発に働くようになりますし、勃起に必要な血液がきちんと陰茎まで届くようになるということです。
シアリスは十分な勃起のメカニズムを取り戻すED治療薬であり、多くの人が効果を実感しています。タダラフィルが配合されているのでナチュラルな勃起ができることや長く効果が持続すること、食べ物の影響を受けないことなどが特徴となっています。
バイアグラなどといった他のED治療薬よりも効果の持続時間がかなり長いため、ウイークエンドピルとも呼ばれています。金曜日の夜に服用すれば日曜日の朝まで効果が持続すると言われており、このED治療薬を服用していればどのタイミングでも性行為ができるということです。1錠飲むだけで週末を楽しく過ごせるとされていますが、効果が長く続くといってもずっと勃起しているというわけではないので安心しましょう。
シアリスは食べ物による影響を受けないことも大きな特徴です。他のED治療薬のように食べるタイミングを気にする必要はありません。肉料理などの高脂肪のものを食べても問題ないということです。また、適度なアルコールも問題ないということですが、過度の飲酒と喫煙は勃起力を低下させることがあるので注意しましょう。
ED治療薬を飲むと勃起力がアップすると考えている人も多いでしょう。しかし、ED治療薬というのは勃起が弱まるのを防ぐというものです。勃起するためには性的な刺激を受ける必要がありますが、シアリスなら自然に勃起しやすくなるでしょう。

シアリスの効果持続時間と服用方法について

シアリスの効果は他のED治療薬よりもかなり長く続くとされています。他のED治療薬だと5~6時間しか持続しないのですが、シアリスの10mgは20~24時間、20mgだと30~36時間くらい持続するということです。効果が持続している間ならちょっとした性的な刺激ですぐに勃起することができます。服用したらすぐに性行為をしなければならないこともありませんし、自然な気持ちで過ごすことができるでしょう。
シアリスは性行為の前に1日1回服用します。他のED治療薬よりも体に吸収されるまで時間がかかるのですが、1錠だけなので簡単に飲むことができるでしょう。性行為の2~3時間前に服用しておくのがおすすめです。

シアリスジェネリックの効果とは

シアリスの効果を説明する医師

シアリスのジェネリックはシアリスと同等の効果がある薬なのですが、値段が安いので購入しやすくなっています。シアリスは最長で36時間も効果が持続すると言われており、シアリスのジェネリックはその効果を安く得られるということで人気となっています。
また、ジェネリック医薬品は種類が豊富なことも特徴であり、好みに合わせた薬を購入することができます。病院で処方してもらうこともできますが、個人輸入を利用すれば自宅にいながら薬を手に入れることができます。
しかし、海外の商品を購入することになるため、届くまで時間がかかってしまうこともあります。予定に合わせて早めに注文しておくと良いでしょう。
ジェネリック医薬品の効果や特徴はウィークエンドピルと呼ばれるシアリスと同じであり、食べたものの影響を受けにくいことや効果が長く持続するというメリットがあります。シアリスのジェネリックは最長で36時間も効果が持続すると言われており、他のED治療薬よりもかなり長く持続するということです。
もちろん効果が長いからといってずっと勃起し続けるわけではありません。ED治療薬はあくまで勃起をサポートするための薬であり、性的な刺激を受けて初めて勃起をするということです。そのため効果の持続時間内であっても問題なく過ごすことができるでしょう。
普段通りに過ごすことができますし、気軽に飲むことができるのです。
また、飲食による影響が出にくいことも特徴です。他のED治療薬を服用する前に何か食べた場合、薬の効果が出にくくなってしまうこともあります。そのため性行為前の行動なども気にしなくてはなりません。しかし、シアリスのジェネリック医薬品ならそのようなことを気にせずに安心して食べることができるでしょう。

成分タダラフィルに配合された治療薬について

タダラフィル配合されたED治療薬は現在まで多くの製薬会社から販売されています。その商品については下記外部サイトを参考にして見てください。
タダラフィルが配合された治療薬一覧

シアリスジェネリックの服用方法

服用してから効き目が出るまでの時間は1~4時間程度とされています。個人差もありますが、直前で飲んでもすぐに効果が出るわけではないので注意しましょう。ED治療薬を飲む時にはタイミングが気になる人もいるかもしれません。
相手にバレないようにしたいという人もいるでしょう。ぎりぎりになって慌てて服用しても意味がないため、早めに服用しておくのがおすすめです。

ジェネリック医薬品が作られる理由

シアリスのジェネリックは効き目の持続時間が長いですし、早く飲み過ぎても効果が出なくなるといった心配がありません。シアリスのジェネリックの安さの秘密について知りたい人もいるでしょう。
ジェネリック医薬品は後発医薬品と呼ばれることもあり、新薬の特許が切れた後に同じ有効成分を真似して作っているということです。そのため開発にかかる費用が安くなりますし、薬の価格もかなり安くすることができるのです。

シアリスジェネリックについて

シアリスのジェネリック医薬品としては、メガリスやタダシップなどがあります。シアリスの15~25%ほどの価格で購入することができるため、安く購入したいと考えている人におすすめです。効果についてはどの薬もほとんど同じなのですが、効き方や価格などに微妙な違いがあります。メガリスはED治療薬として知られるシアリスのジェネリック医薬品であり、同じ有効成分のタダラフィルが配合されています。メガリスならシアリスと同等の効果を得ることができますし、価格がシアリスの4分の1程度で済むということで人気が高くなっています。他のシアリスのジェネリック医薬品よりも知名度が高く、多くの人が利用しています。
メガリスを服用すれば陰茎部への血流を促進させることができますし、勃起力がアップするでしょう。その最大の特徴は長い持続時間であり、最大で36時間も効果が続くとされています。もちろん飲むだけで勃起するわけではありませんし、36時間ずっと勃起し続けるわけでもありません。

タダシップはメガリスと同じシアリスのジェネリック医薬品であり、有効成分も同じタダラフィルです。タダシップも36時間の作用時間がありますが、シアリスと比べるとかなり安く購入することができます。また、タダシップは確かな製薬会社によって製造されているため、安全性が高いという特徴もあります。タダシップは性行為をする30分~4時間くらい前に服用する必要があります。効果が出るまでに少し時間がかかりますが、一度服用しておけば効果が長く持続するため、早めに服用しておいても良いでしょう。

ジェネリック医薬品の安全性は問題ない?

タダラフィルが有効成分のシアリスのジェネリック医薬品を利用する場合、その安全性についても確認しておきましょう。また、ジェネリック医薬品とはどのようなものなのか知りたいという人もいるかもしれません。
新薬を開発した医薬品メーカーには、その薬を独占的に販売できる特許期間が決まっています。特許期間は20~25年となっており、その期間が終了したら他の医薬品メーカーが同じ有効成分でジェネリック医薬品を販売できるようになっています。ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を使っているのですが、中には新薬と効果や用法が異なっている薬もあります。
新薬の開発には9~17年くらいかかりますし、莫大なコストがかかってしまいます。ジェネリック医薬品は既に有効性や安全性が確立されている有効成分を使って作られているため、研究開発にかかるコストを安く抑えることができます。開発コストが抑えられるので元の薬よりも値段を安く設定することができるのです。
新薬と有効成分が同じなので効果や安全性についても変わりません。厳しい審査を経て新薬と同じ効果や安全性、品質のものだけがジェネリック医薬品として販売できるようになっています。しかし、ジェネリック医薬品の中には先発医薬品の効果の一部がないというものもあります。これは先発医薬品に新しい効果が追加された場合や用途に対して特許があるなどの場合が考えられます。

新薬とジェネリックで異なる点もあります

薬の味や形状、添加物などは新薬と異なっている場合があります。別の医薬品メーカーが特許を持っていると同じ添加物を使えないことがありますし、飲みやすくするために味や形状などを変えていることもあるのです。
また、薬というのは基本的に長く保管することになるため、温度や湿度などの環境によって品質を保てるかどうかが重要になります。

ジェネリック医薬品の安全性について

ジェネリック医薬品の安全性は先発医薬品と同じと言われています。そのため先発医薬品が安全な薬なら同じ有効成分を使って作られているジェネリック医薬品も安全であると言えるでしょう。シアリスはもともと安全性の高い薬ですし、シアリスのジェネリック医薬品のメガリスやタダシップなども安心して服用することができると考えられています。ジェネリック医薬品は安全性を確かめる検査が実施されていないことを気にしている人もいるでしょう。確かにジェネリック医薬品は先発医薬品で行われるような毒性試験などは行われていません。
基本的に新薬を承認申請する際にはさまざまなデータを提出する必要があり、毒性などに問題がないという証拠を出さなければ国に認可してもらえないということです。しかし、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ有効成分を使って作られています。
添加物などは異なっていることもありますが、薬理作用のある有効成分が同じなら安全性についても同じであると言えるでしょう。そのような理由からジェネリック医薬品では毒性を確認するための検査などは行われていないのです。
ちなみに、新薬でも途中で添加剤などを変えることはよくあります。この場合もジェネリック医薬品と同じで毒性試験などは行われていません。つまり使われる有効成分とその配合量が同じ場合、添加物などを変えても安全性に問題が出ることはないと言えるのです。
ジェネリック医薬品では安全性よりも効果が重視されています。先発医薬品と同じ効果が出るかどうかを確認するため、生物学的同等性試験が行われています。これは被験者に先発薬とジェネリック医薬品を交互に使ってもらうという試験であり、その後にそれぞれ薬の成分の血中濃度を調べることになります。両者に大きな違いがなければ効果もほとんど同じであると言えるでしょう。
効き目の同等性に関してはかなり厳しくチェックされていますし、安心して服用できるようになっています。ちなみに、薬の効き目には使う人の心理なども影響するため、ジェネリック医薬品に不安を持っている場合は元の薬を使ってみても良いでしょう。